ベトナムの旧正月「テト休暇」の5区チョロン(中華街)の風景

HCMC_dist5-Cho Lon

ベトナム社会主義共和国の旧正月「テト( Tết)」。同国民にとって1年を通じて最大のイベント毎であり、唯一の長期休暇です。

今回はホーチミン市5区(District5)の中国人街チョロン(Cho Lon)の様子をご紹介します。2019年のテトは2月2日(土)から10日(日)まででした。

テトのホーチミン5区 チョロン(Cho Lon)の風景

ASEAN諸国の多くは中国文化の影響を強く受けており、ベトナムも旧暦を使用しています。

毎年テトの2週間前頃から、ベトナム全域でテトムード一色になり、街のいたるところで中国式の赤を基調とした伝統的飾り付けが始まります。ホーチミン市ではテトの装飾品が5区チョロンで多く販売されています。

HCMC_dist5-Cho Lon

テト期間の装飾必須アイテムがここチョロンで購入可能。

家の玄関に飾る提灯から、部屋の中に貼り付けるシールまで種類豊富に揃っています。

HCMC_dist5-Cho Lon

チョロンをバイクで行き交う人々。

テト期間に各地で行われる小規模のお祭りに使用する大道具なども販売されています。

HCMC_dist5-Cho Lon

お祭り用のアイテムも販売されている。

ポチ袋は1パックVND10,000で販売されており、5部入っているタイプが一般的です。ベトナムにも日本同様にお年玉(Lucky money)の文化が存在します。金額に決まりはないですが、VND50,000〜VND100,000(約250円~500円)程あげるのが一般的です。

HCMC_dist5-Cho Lon

テトには鮮やかなお年玉袋が職場、家族間で飛び交う。

チョロンには中国系のお寺が多く存在します。ベトナムにも日本同様の初詣文化があり、新年1日目には家族総出でお参りに行きます。

中でも仏教寺「福海寺」は子供の健康・子宝に恵まれると言われており、多くのカップルや小さなお子様連れのベトナム人ファミリーがお参りに訪れます。

HCMC_dist5-Cho Lon

仏教と道教が混合した寺院、福海寺は欧米人観光客の定番観光地としても有名。

まとめ

チョロンのテト風景いかがでしたか?

テト休暇中にホーチミン市の1区・5区・7区を取材しましたが、チョロンに関してはテトの装飾品を買いに来るエリアと言う印象が強く、周辺のお寺詣りに来る方以外は、普段通りの生活をする方が大半でした。

お正月前からホーチミン市は各々の故郷へ帰省のラッシュシーズンで、市街の殆どお店は閉まります。その中でも、外国人向けに営業している観光地のレストランやカフェでは、価格が普段の2倍~3倍になる場合もあるので注意してください。

関連記事

  1. ベトナム_ホーチミン_7区_Vietnam_hochiminh-DIst7_oakwood

    7区フーミーフン「オークウッド(Oakwood)」| Vivocity直結の高級サービスアパートメント

  2. dist7_Crescent_tetholiday

    ベトナムの旧正月「テト休暇」の7区フーミーフンの風景

  3. Vietnam_Hochiminh_Tansonnhat Airport (1)

    ホーチミン市「タンビン区」の紹介 | タンソンニャット国際空港の街

  4. ベトナム -ホーチミン-10区-浦江亭-HCMC_Vietnam_district10_uraetei

    ホーチミン市「10区」の紹介|古くからのサイゴン出身者が多く暮らす商業の街

  5. ベトナム -ホーチミン-フーニャン-Vietnam_Hochiminh_phunhan

    ホーチミン市「フーニャン区」の紹介|高級住宅と昔ながらの景観が混在する街

  6. ホーチミン市「8区」の紹介|ローカル感漂う未開発の広範な区

  7. ベトナム_ホーチミン_5区_チョーライ病院_Vietnam_Hochiminh-Dist5_Cho Lay Hospital (1)

    「国立チョーライ病院」ホーチミン市5区中華街のベトナム3大公的医療機関。外国人診療有り。

  8. Vietnam_Hochiminh_Dist7_Phu My Hung_Overview Landscape (1)

    ホーチミン市7区”フーミーフン”のおすすめコンドミニアムTOP10

  9. 1区_ホーチミン_Dist1_HCMC_Vietnam

    ホーチミン市「全エリア19区・5県」を徹底紹介 | ベトナム最大の経済大都市